月別アーカイブ: 2014年9月

キャッシングローン申し込みへの影響

カードのキャッシングを利用すると、住宅ローンの審査に影響があるか心配という人が少なくありません。
住宅ローンの審査は、担保価値と返済能力の両面から行います。
返済が滞ってしまったときには、担保の不動産から回収するために担保価値も審査の対象になりますが、基本的に重視されるのは返済能力です。

年収に一定の比率をかけて返済可能な金額を計算し、キャッシングがある場合は、その返済分を引いた残りが住宅資金の返済に充てられる金額と考えます。キャッシングは住宅資金ほど長期間で借りていないため、年間の想定返済額は大きくなります。
たとえば、キャッシング100万円の年間の想定返済額が20万円だとして、返済能力が200万円なら住宅資金の返済能力は180万円になります。
頭金を用意できるなら、その分借入を完済してしまえば、頭金がないけれど、年間の返済能力は200万円になるのでより多くの借り入れが可能になります。

なお、借入れを利用した履歴自体は、約定通り返済していれば、クレジットヒストリー(信用履歴)といって、個人の信用を上げることはあっても、下げることはありません。